交通事故被害で請求できる損害とは

最低限これだけは覚えておいて欲しいというポイントをご紹介します

交通事故被害の損害

交通事故の被害者になってしまった場合には、損害賠償という形で加害者に補償金の請求を行うことができるのですが、損害賠償請求の事について、加害者に対してどのような請求ができるかをしっかりと知っているという方はあまり多くありません。

交通事故にあってしまった際に加害者に損害賠償を行うのですが、加害者側に請求できるものはかなり細かく分類されております。その為、事前にしっかりと被害者の方から加害者の方に損害賠償請求として請求できるものを確認しておく事が、保険会社との示談交渉の際に損をせずに請求する事ができるための最低条件になりますので、しっかりと確認しておくように心がけてください。

交通事故での損害賠償とは、基本的に被害者の損害を埋め合わせるための費用になります。被害者が損害賠償として請求できるものを大まかに分類すると、入院費用、通院費用、怪我の治療費などの積極損害、仕事を休んでしまった際の損害である消極損害、事故や怪我などで受けた精神的、肉体的な苦痛に対する慰謝料、車やバイクなど壊されてしまった物に対する損害の物損の四種類に分類する事ができます。この四種類の損害を合計した金額が、加害者へ請求できる損害賠償請求の金額となります。

損害賠償請求の内容はとても面倒かつ特殊ですので、専門知識の少ない方にとっては、とても大変だと思います。そこでこちらのページでは、最低限これだけは覚えておいて欲しいというポイントをご紹介します。

Next