交通事故被害で請求できる損害とは

最低限これだけは覚えておいて欲しいというポイントをご紹介します

財産的損害について

財産的損害は、その名の通り財産に対する被害を損害として扱うものになります。この財産的損害は、その性質で積極損害と消極損害に分類することができます。消極損害は、交通事故が無ければ得られたはずに収入であったり、利益を損害と考える物になっております。会社のお給料であったり、営業損害などが消極損害になります。入院費用などお金はかかっていませんが、休んでいるためにお給料などが発生しません。その分の損害になります。

もう一つの積極損害は、怪我の治療費や診療費、手術費用、入院費用などの医療関連の費用をはじめ、付添看護費、入院雑費、通院交通費などの出費になります。介護費用であったり、怪我によっては義足などの装具費用、葬儀費用などもこれに含まれます。また、損害賠償請求のための手続費用や弁護士費用、遅延損害金などもこれらに含まれるようになっております。

財産的損害は、交通事故で請求する事ができる最もスタンダードな請求内容になります。しかし、細かく分類されていますので、どれが請求できてどれが請求できていないかわからないという方も大勢います。基本的には自分が入っている保険会社にお任せになるのですが、歩行者として事故にあった場合などは参考にしてください。

Previous

Next