交通事故被害で請求できる損害とは

最低限これだけは覚えておいて欲しいというポイントをご紹介します

精神的損害

交通事故にあってしまい、怪我をしてしまうと精神的な苦痛があります。この精神的な苦痛を金銭的に換算し損害として扱ったものを精神的損害といいます。一般的には精神的損害の賠償金のことを慰謝料と呼んでいるのですが、一般的には慰謝料の呼び方の方が馴染みがあると思います。

この慰謝料は、傷害事故で後遺症が無い場合と、障害事故で後遺障害が残っている場合、死亡事故の場合の三つのパターンに分類されます。それぞれ金額が変わってきますので、事故によって怪我をした場合には、直ぐに慰謝料を選定するのではなく、しっかりと症状が落ち着いてから、担当医に症状固定が行われてから慰謝料の選定を行う事が重要になります。

後遺症がない場合には、自賠責保険の支払基準が参考になります。これは「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金の支払基準」によって,金額の算定基準や支払方法が定められているもので、具体的には,治療期間1日当たり4200円で計算されます。この治療期間は、入院日数や実際の通院日数の2倍程度以内とされます。このようにある程度、しっかりとした基準があるのですが、任意の方は相手の保険会社との話し合いになりますので、相手の保険会社との話し合いになります。しかし、保険会社だけでなく交通事故被害にあったら弁護士へ行くことをおすすめします。相手の保険会社が提示する金額は本来請求できるはずの慰謝料よりも低いことがほとんどです。交通事故に対して実績や知識が豊富な弁護士に相談や依頼をすることで、慰謝料の増額も期待することができます。参考にしてみてください。

『関連サイト』交通事故被害者救済サイト – 慰謝料相談

Previous